OLライター ブル子

浮気調査でおすすめの探偵は?口コミで評判の探偵事務所の選び方や調査期間

浮気が怪しい…

浮気調査を探偵に依頼したい…

いまそう悩んでいる人も多いと思います。

旦那さんや奥さんの浮気が怪しいと感じるなら、早めに浮気調査をすることで真実が判明しやすくなります。

というのも、相手が浮気に慣れてくると、証拠の隠し方が上手になったりバレない方法を模索するようになるので、できるだけ早めに探偵事務所に相談した方が証拠も見つかりやすいのです。

そうは言っても探偵事務所への依頼は多くの方にとって初めての経験になるので、いろいろ気になりますよね。
そこで、浮気調査について分かりやすく解説していきます。

浮気調査はこんな人にオススメ

探偵事務所への依頼で最も多いのが「浮気調査」といわれています。

依頼しようか悩んでいる人も多いと思いますが、日々多くの人が相談や依頼に探偵事務所を訪れています。

相手の浮気が怪しいからといって、感情的になって喧嘩したりすることは避けなければいけません。

相手の浮気が判明しても、話し合いを続けた結果、離婚ではなく修復を選択される場合もあります。

また、離婚を決めたとしても今後のことや子供のことを考えて慰謝料や養育費など、これからの生活のことを踏まえながら冷静に対処する必要があります。

そんな時、探偵は依頼者の心強い味方になってくれます。

浮気調査をオススメする方

  • 浮気しているかどうかハッキリさせたい方
  • 慰謝料を請求したい方
  • 離婚で有利になるために浮気の証拠が欲しい方
  • 浮気相手を特定したい方
  • 夫婦関係をきちんと再構築したい方

浮気調査の目的は様々ですが、上記のようなことをお考えの場合は、一人で悩まずに相談に行かれることをオススメします。

調査を依頼するメリットとは?

調査をプロに依頼するメリットとして、以下のようなことが挙げられます。

夫や妻が浮気しているかどうかがハッキリする!

探偵に依頼することで精度の高い調査が可能となりますし、パートナーの尾行も行ってくれます。

この入念な調査によって、浮気の有無を確実なものにすることが可能となります。

また、浮気をしているかどうか不安な場合にも入念な調査を行うことで、浮気の事実がない場合には安心につながりますし、疑心暗鬼によるストレスからも解放されます。

離婚や慰謝料の話し合いで有利になる!

パートナーが不貞行為を行っていることを明確にするため、探偵が尾行や撮影を行い、決定的な証拠を集めていきます。

尾行などの調査によって、浮気の現場や相手を確認しその現場の撮影を行うことで、裁判でも使用できる詳細な調査を行ってくれます。

また、調査が終了した段階で調査報告書を提出してもらえます。

通常、調査報告書には、パートナーの行動や時間、写真、そして浮気相手が実際に存在した場合はその人物のことについても詳しく記述されています。

不貞行為があった場合には、ホテルや浮気相手の家の出入りなども撮影されています。

また、路上や車内でキスをした場合にも証拠として画像を残してくれます。

パートナーが不貞行為を行っていた場合、浮気調査の証拠資料や調査報告書がありますので、裁判などで優位な立場で物事を進めることが可能になります。

浮気相手を特定できる!

浮気調査では、「どこまで調べるの?」「どこまで分かるの?」と疑問に思っている人も多いと思いますが、浮気相手の特定も可能です。

尾行などによって浮気相手が判明した場合には、その相手の名前や住所なども調べてもらうことができます。

今後、浮気相手に対して慰謝料の請求を行う場合にも、浮気相手の特定は必要となります。

また、調査終了後には、裁判でも使用できる詳細な調査報告書も提出してくれるので安心です。

浮気相手にも慰謝料を請求できる!

浮気が判明した場合、夫または妻への慰謝料の請求が可能になりますが、実は「浮気相手」に対しても慰謝料を請求することができます。

調査によって証拠をしっかり集めることで、言い逃れすることのできない状況となり請求が容易になります。

ちなみに、離婚をする場合、どのような手続きがあるのかよく分からない方も多いかと思います。そこで、法務省の関連ページをご案内しますので参考にされてみてください。

» 法務省: 離婚を考えている方へ

浮気調査を依頼するメリット【まとめ】

  • 夫や妻が浮気しているかどうかが判明します。
  • 離婚や慰謝料の話し合いで有利になります。
  • 浮気相手を特定できます。
  • 浮気相手にも慰謝料を請求できます。

OLライター ブル子

浮気の証拠を掴むなら探偵事務所の浮気調査がおすすめです。

無料相談もできるオススメの探偵事務所をご紹介します。

原一探偵事務所

【おすすめの理由】

  • テレビ番組などへの取材協力も多数
  • 匿名・非通知での相談が可能
  • 相談やカウンセリングは無料
  • 解決実績10万件以上の豊富な実績
  • 見積金額以上の請求は一切なし

HAL探偵社

【おすすめの理由】

  • 初期費用0円の後払い制&成功報酬
  • 匿名でお問い合わせ・相談が可能
  • 弁護士事務所との協力関係
  • 全国無料出張・即日対応可能

浮気調査を利用する人の年齢や男女比は?

浮気調査は馴染みがない人がほとんどだと思うので、いったいどんな人が依頼しているのか気になったりすると思います。

依頼者の男女比について

探偵事務所や興信所が公開しているデータなどを参考にすると、以下のような割合になるようです。

  • 依頼者の6割が女性、4割が男性

依頼者の年齢別の割合

また、依頼者の年齢別では、以下のような比率になるようです。

  • 20代~30代が約25%
  • 40代~50代が約50%
  • 60代~70代が約25%

浮気調査は、40代~50代の依頼が大半のようですが、30代以下や60代以上の方からの依頼も割合としては十分に多いといえます。

妻の調査を依頼する男性からの依頼も増加傾向

いまは誰もがスマホを持っていて、SNSやアプリなどで異性と仲良くなる手段が増えています。

そのため、最近では男性からの依頼が増えている特徴もあります。

浮気調査を依頼する男女別の割合や年齢層【まとめ】

  • 依頼者の6割が女性で、4割が男性
  • 夫を調査する割合が多いが、最近は妻を調査するケースも増加傾向
  • 年齢層別では40~50代の依頼者が多いが、20代から70代まで幅広い
  • スマホやSNS、マッチングアプリによって奥さんの不倫も増加傾向

浮気調査の口コミ

実際に浮気調査をされた方の口コミをご紹介します。


(35歳/結婚歴6年・女性)

旦那の不倫が怪しくなり、結婚6年目に浮気調査を依頼したことがあります。

初めて探偵事務所に連絡する時はすごく緊張したのを覚えています。

それまでの生活で探偵事務所と関わるようなことがなく、実際にどんな人がしているのか分からないことだらけだったので不安が大きかったのもありました。

それに、探偵といえばテレビドラマで見たりするぐらいだったので、未知の世界というイメージでした。

でも実際に電話してみると、イメージがガラッと変わりました。

私が連絡した探偵事務所では、女性のスタッフが対応してくださり、とても丁寧な言葉づかいでした。

それに、連絡する前は自分の家庭の悩みを相談する感じで恥ずかしさもあったのですが、そういう気持ちもなくなるほど、とても丁寧に接してくれました。

探偵事務所では浮気調査の相談が多いので、私が「恥ずかしがったり気にするようなことではなかったな」といまでは思います。

そして、無理に契約を迫られることもなかったのが好印象でした。

いったん費用の見積もりを出してくれたので、私が納得したうえで正式に依頼することもできました。

それに、調査が始まってから追加の依頼などをしない限りは、基本的に最初の見積もり金額から費用が増えることもないとのことだったので、その点も安心できました。

実際に調査が始まってからは、1週間ぐらいで証拠を見つけてくれたと思います。

夫の浮気がハッキリしたことはショックでしたが、浮気の証拠を写真におさめてくれたことで、なんだかホッとした気持ちもありました。

私は、もし夫が浮気をしていたなら「慰謝料を請求して離婚する」と決めていたので、証拠を掴めたことで安心したんだと思います。

その後、探偵事務所で弁護士も紹介してもらえました。

何から何までお世話になった感じです。

探偵事務所の調査員の方から調査報告書を手渡され、それを証拠として夫との離婚を進めました。
初めて夫に証拠を突き付けた時は、目が点になるほど驚いていました。

結果的に、私は夫と夫の浮気相手の2人に慰謝料を請求することに成功しました。

そして、財産分与や養育費の話し合いなど、夫自身が浮気をしたという後ろめたさがあったからか、私にとってはとても有利な条件で進めることもできました。

もし浮気調査をきちんとしていなかったら、こんなに自分にとって有利な話し合いはできなかったと思います。

ちなみに、浮気調査の費用は70万円くらいになりましたが、夫と浮気相手から支払われた慰謝料などの金額がそれ以上だったので、結果的にお金はプラスになりました。

浮気の証拠が「調査報告書」というかたちであることが、とても大きな味方となってくれたと感じています。

探偵事務所のスタッフの方々にはとても感謝しています。

* * *

ほかにも口コミが届いていますので紹介します。


(46歳/結婚歴10年・男性)

妻が不倫しているんじゃないかと疑心暗鬼になり探偵に浮気調査を依頼したことがあります。

不倫の証拠は調査報告書という資料で提出してもらえましたが、本当に細かく詳細が記されていて、離婚協議の際にもその報告書がとても役に立ちました。

尾行や張り込みといったことは自力では無理ですので、探偵事務所に依頼してよかったと思います。

真実を知ることは勇気がいりますが、次の一歩を踏み出すためには大事なステップだと感じました。


いかがだったでしょうか?
以上が実際に浮気調査をした方の口コミです。

最初は不安もあると思いますが、すぐに契約したりする必要はありませんので、まずは相談という形で連絡されてみてはいかがでしょうか?

探偵事務所を何度も利用する人は少ないと思いますので、浮気調査の口コミは大変参考になります。

口コミなどを参考に、私がおすすめする探偵事務所を紹介しますね。

浮気調査の期間・日数

浮気調査は依頼時にどれぐらいの日数で調査を行うかを決めます。

浮気調査の平均的な期間は、だいたい1週間~1ヶ月といったところです。

つまり調査がスタートして結果が出るまでの期間は、1週間~1ヶ月ぐらいかかると考えておくとよいでしょう。

ただし、その間ずっと毎日尾行を続けるかというとそうではありません。

実際に調査するのは浮気が怪しい日に限定した方が効率的ですし金額も安く抑えられますので、3日~5日ぐらいが平均的な調査の日数といえます。

なお、調査を行うには下見などの事前準備を行う会社もあります。
一方で、依頼した当日に対応してくれるところや、相談すれば即日に調査を開始してくれる探偵事務所もありますので、事前に確認されるとよいでしょう。

浮気調査の流れや手順

探偵事務所や興信所に依頼した際の調査の流れや手順は以下のようなイメージです。

  1. 相談
    インターネットや電話、メールで相談を申し込めます。
    無料で対応してくれるところを選びましょう。
  2. 見積もり
    相談内容を基に費用がどれぐらいになる見積もりをしてくれます。見積もりは無料で作成してくれる会社を選びましょう。
    調査費用に納得できれば正式な依頼へと進みます。
  3. 依頼・契約
    浮気調査を依頼する場合は、正式に契約を締結します。
  4. 調査スタート
    依頼時のヒアリングをもとに調査をスタートします。浮気するタイミングが分かっていれば、そのことも伝えておきましょう。
    また、調査がスタートした後は中間報告なども行ってくれます。
  5. 報告・調査報告書の提出
    調査結果を報告してもらいます。浮気の事実があった場合には写真などとともに調査報告書も提出してくれます。
  6. パートナーとの話し合い
    調査報告書や写真などの証拠をもとにパートナーと話し合うことが可能となります。
    会社によっては、話し合いの場に同席してくれるところもあります。
  7. 調査費用の支払い
    調査が完了した段階で調査費用を支払います。
    会社によって、「後払い」や「事前に着手金を支払って、完了後に残金を支払う場合」などがあるので、事前に確認しておきましょう。
  8. 弁護士の紹介など、アフターフォロー
    探偵事務所によっては弁護士事務所と提携し、弁護士を紹介してくれるところもあります。

相談だけなら「無料」が多い

相手の浮気が怪しいからといって自分でいろいろ調べようとしてしまうと、相手に勘付かれてしまう可能性があります。

また、もし浮気が原因で離婚することになったとしても、相手に全ての証拠を隠滅されてしまうと、裁判や調停になった際に浮気を認めてもらうことができないかもしれません。

探偵に浮気調査を依頼するとお金がかかるからと自力で調査しようとする方がいますが、おすすめできません。

確かに、最近では個人でGPSをレンタルすることもできますが、その取扱いには慣れが必要ですし、配偶者にバレてしまっては逆に責められてしまいます。

自分である程度は調べたいと思っても、どのような物が裁判でも有効な証拠になるのか、どうやって証拠を手に入れたら良いのか、こういったことは専門知識がないと難しいかと思います。

そのためにも、まずは事前に探偵事務所に相談された方がよいでしょう。

もちろん、相談に行ったからといって、その場で契約とはなりませんので安心してください。

奥さんや旦那さんの浮気について相談して証拠の集め方なども聞いてみるとよいでしょう。

ただ、離婚や慰謝料の請求も視野に入れている場合には、浮気現場の証拠写真などの決定的な証拠も必要になりますので、その際には依頼することも検討してみましょう。

相談に行かれて、費用や支払い方法、調査方法などについても尋ねてみて、不安や疑問を解決しておけば、実際に依頼する際にスムーズに契約を結ぶこともできます。

大手の探偵事務所の場合は、相談だけなら無料というところが多いので、無料相談を実施しているところでアドバイスを受けたり疑問をいろいろ解決されるとよいでしょう。

結婚していなくても浮気調査は依頼できるの?

浮気調査の依頼者は、夫や妻を調べたい人だけではありません。

婚約している彼氏や彼女、そしてまだ恋愛の段階で彼や彼女を調べたいという人もいます。

遠距離恋愛中の婚約者が浮気をしていないか不安になったりもするようです。

また、婚約した段階で自分の娘や息子のことを心配して、両親が浮気調査を依頼する場合もあります。

なので、未婚の方や両親、第三者であっても調査を依頼することは可能です。

そして、離婚まではしていないが別居中となっている夫婦が相手の浮気を調べるために、別居後の相手の調査を依頼するケースもあります。

調査費用の相場について

探偵の浮気調査の費用はいくらになるか、ほとんどの方にとって馴染みがないため相場もよく分からず気になる部分だと思います。

調査料金は、調査するスタッフの数や調査期間によって大きく変わりますが、40万円~80万円ぐらいが相場となります。

ちなみに、プランや調査期間によって金額は大きく変わりますので、もし浮気をする日や場所がハッキリしているのであれば、その時をピンポイントで調査することができますので、金額を低く抑えることも可能です。

浮気をする予定の無い日に尾行を続けても料金だけがかかってしまいますので、まずは浮気が疑われる日に絞って調査を依頼するという方法もあります。

それでは具体的に、プランによって調査料金はどれぐらいになるのでしょうか?

一般的に、浮気調査には以下の3つのプランがあり、それぞれに相場も変わってきます。

  • パック
  • 時間制
  • 成功報酬

それぞれの料金の相場や詳しい内容は以下のとおりです。

パック料金のプラン

このパックのプランでは、料金のなかに最初から調査に必要な費用が全部含まれているので、料金が明確で依頼者も安心して依頼することができます。

このプランでは、その調査の充実度によっていくつかコースが設定されている場合もあります。

パックプランの相場としては、35万円~120万円ぐらいが相場となります。

上限の金額が決まっているので、あとから追加費用を請求されるといった心配はありませんが、最初の数時間で浮気の証拠が見つかったとしても満額を支払わなければいけないため、その点でメリットもありデメリットもあります。

時間制のプラン

この時間制のプランの場合、1時間あたりの料金は明確になりますが、調査完了まで実際にどれぐらいの金額になるかが分かりにくい面もあります。

ただ、その日すぐに浮気の証拠が見つかれば、かなり金額を抑えることができるので、その点は依頼者にもメリットがあります。

時間制のプランの費用の相場は、30万円~90万円ぐらいになります。

なお、「一般社団法人 東京都調査業協会」が実施したアンケートの結果によると、調査員2名の調査で、1時間あたり15,000円~20,000円前後という結果が出ています。

夜中は割増になったりする場合もありますので、事前に確認された方が安心です。

調査料金のアンケート結果報告 | 一般社団法人 東京都調査業協会

成功報酬のプラン

この成功報酬のプランは、もし浮気の証拠が全く見つからない場合にはとても安く済ませられる場合があるので、メリットもあると思います。

浮気調査をして「浮気していなかった」と分かれば、それで安心ですし、お金が無駄になったということもありません。

成功報酬プランの場合の費用の相場は、60万円~120万円ぐらいになります。

成功報酬プランといっても最初に着手金がかかる場合も多くあり、そのうえで、浮気の証拠を入手したら成功報酬を支払う仕組みになります。

また、尾行などで実際にかかった諸経費も支払う場合があります。

なお、成功報酬プランといっても探偵事務所ごとに支払いのシステムが異なっているので、事前に確認しましょう。

どのような違いがあるかというと、もし浮気の証拠が一切見つからなかった場合には、着手金も返してくれる探偵事務所もありますし、着手金や諸経費のみ支払いとなる場合もあります。


浮気調査の料金や相場についてもっと詳しく知りたい方は以下のページもご覧ください。

浮気調査の費用や相場は?探偵事務所に依頼した場合の料金について

浮気調査の費用も浮気相手や配偶者に請求できます

ちなみに、調査をした結果、不倫の事実が判明した場合には慰謝料を請求できますが、その際、浮気した当事者には探偵事務所に支払った費用も請求することができます。

つまり、不倫した張本人に支払わせることができるので、結果的に金銭的な負担を減らすことができます。


優秀な探偵の選び方

夫や妻の浮気で悩んだら、最近では浮気調査を依頼することが一般的になりましたが、それでも、いままで一度も探偵事務所に行ったことがないという人も多いため、いろいろな不安を抱えている方が多いかと思います。

ただ、実際に浮気調査をした方の口コミとして、実際に行ってみると探偵事務所のスタッフが親身に接してくれて、それだけで心が楽になったという意見も多くあります。

どこに依頼するかは知り合いに相談する訳にもいかず、電話帳で会社を探したり、インターネットで探したりする人が多いかと思いますが、最近は浮気調査を行っている探偵事務所がとても増えているので、いったいどこにお願いすればよいのか、この時点で悩んでしまう人が大半だと思います。

そこで、探偵事務所を選ぶ際のポイントをご紹介したいと思います。

また、優秀な探偵に依頼するためにも「探偵業法」を確認されておくとよいでしょう。
» 探偵業の業務の適正化に関する法律等の概要【警視庁】

もし相談をするうちに法的に問題のある業者と感じたのであれば、他を探し直した方が安心です。

そのため、最初にいくつか複数の業者に問い合わせてみて、金額や対応などを比較するという方法もオススメです。

優秀な探偵かどうかのチェックポイント

  • 無料相談を実施しているか?
  • 裁判でも使える調査報告書を作成してくれるか?
  • 必要な機材やスタッフは充実しているか?
  • 弁護士との連携などアフターフォローは充実しているか?
  • 担当者の人柄や技術、経験に問題ないか?
  • 探偵業法を順守しているか?

具体的な内容は以下のとおりです。

無料相談を実施しているか?

浮気調査を希望される場合は、まず探偵に相談するところから始まります。

ほとんどの方にとっては初めての経験になると思いますので、その場ですぐに契約する必要は一切ありません。

「どれぐらいの費用がかかるのか」、「どういった調査をするのか」、「いつ費用を支払えばいいのか」といった疑問も多いと思いますので、納得できるまで気になることは全部質問しましょう。

そして「無料相談」を行っているところも多いため、そういった探偵事務所を活用されるとよいでしょう。

最近はネットで調べれば口コミやレビューなどの評判も載っていますが、実際には自作自演などの場合もありますので、ご自身で問い合わせて対応などを確認された方が確実です。

裁判でも使える調査報告書を作成してくれるか?

浮気調査を依頼したいと考えている方は、もし浮気の事実があれば離婚や慰謝料請求なども視野に入れている奥さんや旦那さんが多いかと思います。

そのため、せっかく調査を依頼するのであれば、裁判所で証拠として扱ってもらえる報告書でなければ意味がありません。

探偵事務所では、調査の結果を報告書にまとめて提出してくれます。

この報告書には、調査の中で判明したことを細かく記載してくれています。

もちろん、この報告書はただの記録ではなく、裁判でも証拠して扱われるレベルの内容となっています。

もし浮気した本人がなかなか事実を認めず、離婚が泥沼化したとしても、この報告書があれば裁判となった場合でも慰謝料の請求などで有利に話を進めることができます。

このような報告書を提出してもらえることも、探偵に依頼することのメリットといます。

離婚に向けた話し合いでは、探偵の報告書がとても重要になってきますので、依頼前に報告書を作成してもらえるか確認しておいた方がよいでしょう。

ただ、後になってそんなことは聞いていないとシラを切られてトラブルになってしまってもいけませんので、事前にどんな報告書を作成しているかサンプルを見せてもらうのもオススメです。

もし、サンプルなども拒否されてしまった場合には、その会社と契約するのは止めておいた方が無難かと思います。

浮気調査を依頼する場合は、実績が豊富な探偵や興信所を選ぶことが重要です。

実績の多い会社であれば、どういった写真が裁判所で有利に働くかを熟知していますので、安心して任せることができます。

必要な機材やスタッフは充実しているか?

証拠を確実に入手するには、その状況に応じた機材の使用や尾行が必要になります。

機材は、代表的なものでいえば、夜でもしっかり写真撮影ができる暗視カメラや、遠くてもしっかり顔が分かるような望遠レンズが必要になります。

場合によっては動画撮影するところもあります。

せっかく浮気現場に遭遇しても、機材が揃っていないせいで証拠としては不十分な写真になってしまっては意味がありませんので、しっかり最新の機材が揃っているところにお願いしましょう。

この点では、大手の会社やしっかり実績のあるところであれば、間違いないといえるでしょう。

次に、尾行の際には、スタッフが充実していることが重要になります。

常に同じ人が一人で尾行していると、調査対象のパートナーにバレやすくなってしまいますが、2人体制で交代で尾行すれば、そのリスクも減らすことができます。

また、もし一人が見失ったとしても、もう一人がしっかり尾行することができれば、調査対象であるパートナーの尾行を継続することができます。

スタッフの充実度についても、大手の探偵事務所やしっかり実績のあるところであれば問題ないといえます。

また、便利屋さんなどが片手間で業務を行うところもありますので、実績や専門性の高さなども確認しておきましょう。

弁護士との連携などアフターフォローは充実しているか?

探偵を選ぶ際は、アフターフォローも確認されるとよいでしょう。

調査で不貞行為が発覚した場合、そのまま慰謝料請求や離婚に向けて話しが進むことが一般的です。

その場合、離婚の法律に詳しい弁護士にも相談できれば、いろいろと安心できます。

探偵事務所によっては、不貞行為の事実が判明した段階で弁護士を紹介してくれる事務所もありますし、弁護士と提携しているところもあります。

こういった探偵事務所に調査を依頼すれば、浮気調査が終了した後も安心して離婚に向けて動くことができます。

また、離婚が裁判にまで進んでしまった場合に、調査員が裁判で証言してくれる場合もあります。

このように手厚いアフターフォローのある会社に依頼されると安心です。

担当者の人柄や技術、経験に問題はないか?

一言で探偵といっても、「テレビなどでも紹介される大手」や「浮気調査専門の事務所」、「一人で運営されている個人事務所」など、その形態や規模は様々です。

不貞行為の調査は、相手にバレてしまうと次のチャンスはなくなりますし、それが原因で円満な解決に持っていくことが困難になることもあります。

そのため、相手に気づかれるような失敗はできませんし、料金は安い訳ではありませんので、1回の依頼で確実に証拠をおさえる必要があります。

どんな探偵事務所がオススメかというと、やはり浮気調査の実績の多い大手が安心といえます。

ただ、結局、最後に一番重要なのは担当者の能力になります。

浮気調査の口コミを参考にするのもオススメです。

その担当者に十分な技術があるのか、離婚などに関して専門知識があるのか、コミュニケーションがしっかりとれるか、無責任な態度はないか、など、この人に任せても大丈夫と思えるかが最後に重要になっていきます。

そのためにも、まずは無料相談を活用して、いろいろ疑問に思うことを相談してみたりして、スタッフの方とコミュニケーションをとってみることがオススメです。

どういった調査をしてくれるのか、料金はどれぐらいなのか、など、いろいろ相談しながら、その担当者の人柄も信頼できそうか確認してみるのも良いかと思います。

探偵業法を順守しているか?

現在では、探偵事務所を開業する場合は法律に則って届け出を行う必要がありますし、利用者保護の観点から様々なガイドラインが設けられています。

例えば、正式な依頼をしたにも関わらず契約書を作成してくれない業者なども違法となり、このような場合は、後から追加費用の上乗せなど何が起こるのか分からないので要注意です。

違法な業者に依頼してしまわないように、本当に信頼できる事務所であるかを見極めるようにしましょう。

契約は書面で行うことが法律で定められています

探偵事務所に正式に依頼する場合、書面による正式な契約を結び、その後、調査開始となります。

そのため、気がついたら契約していたということはありませんのでご安心ください。

また、その書面には調査内容なども記載されていますので、事前にしっかり確認して後からトラブルにならないように、納得いくまで質問されるとよいでしょう。

なお、現在は「探偵業の業務の適正化に関する法律」によって、契約する際には「調査内容などを記した書面の交付」が必須となっています。
» 探偵業法の解説と正しい対応について【日本探偵業協会】

もし、口約束だけで依頼がスタートする事務所があれば、それは探偵業法に違反していることになりますので、そのようなところとは契約しないようにしましょう。

探偵が行う調査方法について

探偵が行う浮気調査の方法については、大きく分けると以下の2つがメインとなります。

  1. 尾行や張り込み
  2. 浮気現場の撮影

① 尾行や張り込み

探偵が浮気調査をする場合、通常、2人や3人で尾行を行うことが一般的です。

もし1人で尾行などをしてしまうと見失う場合がありますし、張り込んでいても出口が複数ある建物の場合は対象者が建物から出たことに気付かない場合があるからです。

どのような状況でも依頼された対象者を見失わないようにするためには、2人以上で尾行を行う必要があります。

また、尾行方法は徒歩で行うだけでなく、対象者の状況に合わせて車やバイクなども使用しますし、男性の調査員だけで尾行すると不自然な場合は女性の調査員とカップルのフリをして尾行する場合もあります。

例えば、遊園地や水族館などで男性の調査員だけで尾行すると不自然に見えてしまいますので、こういった場所では女性の調査員もいる方が自然に見えます。

そのため、1人で尾行する事務所の場合は、確実な証拠を押さえられない可能性がありますので、調査員のスタッフが十分に揃っている探偵事務所を選ばれた方がよいでしょう。

また、依頼者が了承すれば対象者が県外へ移動する場合でも尾行を続けてくれますし、ホテルに入った場合には出てくるまで張り込みを続けてくれます。

なお、1人で尾行する事務所の場合は、人件費がかからないため調査料金がかなり安く抑えられている場合もあります。

ただ、いくら安くても確実な証拠が手に入らなければ、不貞行為による離婚の際に慰謝料の請求が難しくなるため、そのお金は全て無駄になってしまいます。

依頼するからには裁判でも使えるような確実な証拠を手に入れることが最も重要になりますので、調査員をしっかり確保できている事務所がおすすめです。

② 不貞行為の現場の撮影

浮気調査では撮影のテクニックも重要です。

浮気の現場に遭遇した段階で、その現場を撮影しながら、その状況もしっかり記録していきます。

最も有効なのは、やはりホテルや浮気相手のマンションなどを出入りする姿です。

この現場を撮影することで、浮気の事実を証拠に収めることができます。

また、探偵は経験や知識が豊富ですので、裁判でも反論されないように確実な証拠を入手してくれます。

例えば、ホテルや不倫相手のマンションに2人で入る姿だけでなく、出てくる姿も撮影します。

その理由は、どれだけの時間、2人で一緒に過ごしていたかを立証するためです。

マンションに入っていく姿だけを撮影しても、相手側から「ちょっと寄っただけで、すぐに帰った」と反論されてしまうと浮気を追及するのが難しくなるからです。

カメラで撮影すれば自動的に撮影日時も記録されますので、その出入りの時間を立証することが可能になります。

ただし、カメラで撮影された写真は、専門の人が触れば好きなように加工することが可能です。
そうなると、浮気をした本人から「画像加工された写真だ」と反論される可能性はゼロではありません。

そのため、探偵によっては、写真を撮るカメラではなく最初からビデオカメラで撮影するところもあるようです。

また、カメラも専門の機材を揃えているので、夜中の暗い場所でも対応可能な暗視カメラも利用してくれます。

離婚や慰謝料、財産分与が目的なら

浮気調査では不貞行為の証拠となる写真や動画の撮影、そして不貞行為の日時の記録など詳細な資料をまとめてくれます。

それは「調査報告書」というかたちで調査終了後に提出してもらえます。

調査報告書は、不貞行為の詳細が事細かに記録
されていますので、一切の言い逃れができない状況を作ってくれます。

そして、それは浮気を認めさせるものとなるだけでなく、離婚する際の慰謝料の請求や財産分与、調停・裁判などでも心強い味方となってくれます。

慰謝料を請求する場合や不貞行為を理由に離婚する場合には、浮気の事実を証明する必要があります。

そのため、「浮気現場を見た」といった発言だけでは証拠にならず、誰が見ても不貞行為があったと判断できるだけの資料が必要ですので、探偵事務所に依頼することがとても重要となります。

さらに、裁判などに話が進んだ場合には探偵事務所のスタッフが証人になってくれる場合もありますので、浮気が原因で離婚を検討されているのであれば、まずは業者に相談されることをおすすめします。

慰謝料はどれぐらいもらえる?

調査費用は確かに安いわけではありませんが、その証拠をもとに慰謝料を受け取ることができるため、浮気調査を活用するメリットはあります。

夫や妻の不貞行為が原因で離婚するのであれば、慰謝料の請求が可能です。

実際、離婚した後は予想以上にお金がかかることがあります。

場合によっては引っ越してマンションを探さないといけなくなるかもしれませんし、専業主婦であった方は新たにパート先や就職先を探す必要があるかもしれません。

離婚するとこれまでの生活が一変しますので、その準備や生活のためにいろいろとお金がかかるものです。

そういったことを考慮して、慰謝料については慎重に考えてみる必要があります。

もちろん慰謝料の額よりも浮気調査の費用の方が高い場合には損してしまいますが、一般的には浮気調査の費用よりも多くのお金を慰謝料として受け取ることが可能です。

それでは、慰謝料はどれぐらいもらえるのでしょうか?

金額の幅はありますが、離婚する場合の慰謝料は200万円~300万円が一般的といわれています。

慰謝料の金額は、「離婚する場合」や「別居する場合」、「再構築する場合」で相場が変わり、離婚する場合が最も高くなりがちです。

なお、支払う人の社会的地位や支払い能力なども影響しますので、相場には幅があります。

また、相手の浮気で離婚となった場合には、この「慰謝料」だけでなく2人の貯金や不動産、車などの「財産分与」もあります。

そして、子供を養う場合には「養育費」も請求できます。
» 養育費について【法務省】

以上のことから、相手の浮気が怪しい場合には自分で調べようとはせずに、プロに依頼して確かな証拠を見つけた方が確実です。

財産分与のために財産を把握しましょう

離婚の場合は「財産分与」も考える必要があります。
財産分与の対象となるものは、共有財産です。

共有財産は、夫婦の名義になっている「不動産」や「家具」などが該当するだけでなく、名義が相手だけになっていたとしても結婚期間中に購入したり増えた「貯金」や「車」、「有価証券」なども該当します。

さらに、「保険解約返戻金」や「退職金」なども共有財産となるため、財産分与の対象となります。

そのため、離婚を視野に入れている場合には、相手に気付かれないようにしながら、財産(共有財産)を全て洗い出して把握するようにしておきましょう。

なお、財産分与は、夫婦が婚姻中に協力して取得した財産を離婚の際に分けることをいいますが、話し合いがなかなかまとまらない場合は「調停」という方法を取るようになります。

裁判所のホームページには財産分与に関するページがありますので、参考にされてみてください。
» 財産分与請求調停【裁判所】

子供がいる場合は慎重に

実際に離婚となると、子供の生活や人生にも大きな影響が出てきます。

また、子供の年齢にもよりますが、いくら相手の浮気が原因とはいえ、どこまで真実を話したらよいか慎重に考える必要があります。

離婚は、人生の大きな決断となることですので、感情的なまま決めるのではなく、こういったケースを多く取り扱っている探偵事務所に相談されてみると良いかと思います。

また、離婚が揉めた場合には弁護士に間に入ってもらった方がスムーズですが、探偵事務所では弁護士を紹介してくれるところも多いので、まずは探偵事務所に相談されることをお勧めします。

探偵事務所なら弁護士も紹介してもらえます

また、離婚の話が泥沼化する可能性も十分にありますので、そういった時には弁護士の先生に依頼した方が全てスムーズに進む場合もあります。

財産分与や慰謝料で揉めてしまった場合には特に弁護士の存在が大きくなります。

通常、探偵事務所や興信所であれば弁護士事務所と提携しているところも多いので、調査終了後のサポートも含め浮気調査を依頼するメリットは多いといえます。

離婚を有利に進めるためには不貞行為の証拠が必要

離婚を有利に進めるためには、不貞行為の証拠が必要です。

「浮気された」と言うだけでは本当に浮気されたのかどうかがハッキリしないため、もし相手にシラを切られてしまった場合には追及することができなくなってしまいます。

そのようになると、慰謝料の請求さえできない事態に陥ってしまうかもしれません。

自分に有利に離婚するためには「不貞行為の証拠」がとても重要になります。

離婚の種類は?

離婚には、大きく分けて以下の3つの種類があります。

  • 協議離婚
  • 調停離婚
  • 裁判離婚

夫婦だけでスムーズに離婚できれば問題ないのですが、親権や財産分与のことなどでモメてしまった場合には、調停や裁判というところまで進んでしまうかもしれません。

ただ、離婚の原因が相手の浮気にある場合には、自分に有利なかたちで離婚の話を進めることが可能になります。

調査報告書があれば安心

探偵事務所が作成してくれる調査報告書は、浮気現場の写真や動画、日時の記録など詳細にまとめられていますので、調停や裁判でも証拠として利用することができます。

ただ、浮気調査をする前に、浮気を問い詰めたり離婚を切り出してしまうと、浮気の証拠になりそうなものは隠されますし、浮気相手と会うのもしばらく控えるようになるでしょう。

そのため、相手の浮気で離婚を検討されている場合は、事前に浮気調査をして証拠をおさえておくことがとても大切になります。

浮気調査の実績が豊富なところでは、離婚などの相談にのってくれる弁護士と連携しているところも多くあります。

相手の不倫が原因で離婚を考えている場合は、浮気の証拠があることで有利な離婚も可能になりますので、まずは浮気調査を依頼して、弁護士を紹介してもらうとよいでしょう。

関係の修復や再構築が目的でも浮気調査はオススメ

実は、探偵事務所や興信所で浮気の証拠が見つかった後に、関係の修復や再構築を選択する夫婦も多いのです。

もし、一人で悩んで相手の浮気を問いただし続けてしまうと修復できないほどの溝ができてしまう場合があります。

浮気している本人が逆ギレしたり、相手の疑いの目に嫌気がさし、どんどん関係性が悪くなってしまう場合もあります。

そのような時も、第三者である探偵に依頼することで、お互いが感情的になる前に証拠を見せて冷静に話し合いの場を設けることが可能になります。

また、浮気相手ときっちり別れさせるためにも、浮気調査による証拠と報告書を本人達に見せることがとても有効です。

さらに、探偵事務所によっては、その夫婦の話し合いにスタッフが同席してくれる場合もありますので、再構築に向けた話し合いも進めやすくなります。

そのため、「離婚を選択する場合」であっても「再構築を選択する場合」であっても、浮気調査の結果や探偵事務所のスタッフは心強い味方となってくれます。

不倫した夫・妻との再構築。成功する方法と修復が失敗するパターン

夫や妻が不倫していないかチェックする方法

夫や妻が浮気をし始めると、いくら相手にバレないように気を付けていても、どうしても浮気相手と会う時間が増えたり連絡を取り合ったりするようになるため、いろいろな変化が出てくるものです。

特に分かりやすい変化が、外出が増えたりオシャレや流行への関心などです。

ある頃から突然、配偶者に変化が現れたら要注意です。

浮気チェックのポイントには以下のようなものがあります。

浮気診断マニュアル

  1. スマホを触る時間が増えた
  2. 服などのお洒落に気をつかい始めた
  3. 下着を自分で買うようになったり、下着の雰囲気が変わった
  4. 美容室に行く頻度が増えた
  5. レストランやカフェ、居酒屋などのお店に詳しくなった
  6. テーマパークや観光地、イベントなどに興味を持つようになった
  7. 聴く音楽が変わったり、特定の歌手について詳しくなった
  8. 携帯電話をリビングに置かなくなった
  9. 一人で外出することが増えた
  10. 車の中をキレイにするようになった
  11. 休日出勤や残業、出張が増えた
  12. 「友達と遊びに行ってくる」と言う回数が増えた
  13. 朝帰りすることが増えた

ファッションや音楽、食の好みなどが突然変化し始めた場合は、浮気相手の影響があるのかもしれません。

また、休日出勤や朝帰りなどは、浮気を怪しまれていないと安心すると回数もどんどん増える場合がありますので要注意です。

上記のチェックポイントの他にも、ある頃から様子が変わったと感じることがあれば、浮気の可能性も考えられます。

以下では、浮気の可能性が高い項目を4つほどピックアップして解説します。

お洒落に気をつかうようになった

以前まではそんなにお洒落に気を使ってなかったパートナーが、服装に気を使うようになったり、美容院やネイルサロンに通う回数が増えた場合は要注意です。

また、ファッションに詳しくなかった旦那さんが突然、服のブランドに詳しくなったりした場合も気をつけた方がよいかもしれません。

不倫がスタートすると恋愛のような状況がスタートしますので、お洒落への関心が強くなる傾向があります。

休日出勤や残業、出張が増えた

旦那さんやパートをしている奥さんが浮気相手と会う場合は、仕事終わりや休日が一般的です。

そのため、残業が増えてきたり、休日出勤が増えた場合には、不倫している可能性があります。

一方で、奥さんの場合は、旦那さんが仕事に行っている時間や旦那さんが出張している時に浮気相手と会っている場合もあります。

そのような場合には、やけに帰宅時間やスケジュールを聞いてくるようになったりしますので気をつけましょう。

一人で外出することが増えた

いままであまり出掛けなかった旦那さんや奥さんが休日に一人で出かけることが増えた場合は要注意です。

「友達と会ってくる。」とか「ゴルフに行ってくる。」と言われたとしても、ある頃から頻繁にそういうことが増えた場合は不倫相手に会いに行っている可能性も否定できません。

また、今度の休日に夫婦でどこかに出かけようと考えていても、パートナーが不倫相手とデートすることを優先している場合には、「その日はどうなるかまだ分からない」と曖昧な返事をされる場合もあります。

携帯電話をリビングに置かなくなった

相手が浮気をしていると携帯電話でいろいろとやりとりをするようになります。

そのため、パートナーが浮気をしている場合、浮気がバレないように慎重になっているため携帯電話をリビングに置いたままにしなくなったりします。

また、そういう人は携帯電話を頻繁に触っていると怪しまれると考えるため、逆に、夫婦で過ごしている時間は携帯電話を触らなくなるといったケースも多くあります。

旦那や妻が不倫に走りやすいタイミング

新婚の時は仲が良かった2人でも、しばらくすると相手が浮気をすることがあります。

相手が浮気をするキッカケとしてよくあるのが以下のようなケースです。

妊娠

旦那さんが浮気をする場合、奥さんが妊娠中というケースも多いようです。

奥さんが妊娠すると、これまでのカップルの恋愛のような関係から家族へとシフトしていきますので、旦那さんは新しい刺激や恋愛を求めてしまう場合があります。

また、妊娠中は実家にしばらく帰省する方も多いため、そのタイミングで浮気が始まることも多いようです。

妊娠中に浮気する夫の心理や確率。旦那に浮気されたサレ妻の体験談3選

パートやアルバイト

子供が小学校に行き始めるとパートやアルバイトを始める方も多くいらっしゃいますが、その職場や取引先などの男性と仲良くなり、刺激を求めて不倫がスタートするケースもあります。

転職や異動

転職や異動があると、新しい異性との出会いが生まれます。

そのため、一目惚れや相手からのアプローチなどによって恋愛のようなかたちで不倫がスタートする場合があります。

単身赴任

単身赴任の期間は、お互いのことをチェックすることはできませんし何をしていてもバレにくいため、単身赴任中の夫も、夫が単身赴任している妻も、どちらもが浮気をしやすくなるようです。

また、最初は浮気をするつもりがなかったとしても、単身赴任している夫は赴任先の職場の女性と仲良くなって不倫に発展するケースもありますし、奥さんの方も旦那がいなくて寂しさから不倫に走ってしまうというケースもあります。

単身赴任の浮気。夫が不倫する時のきっかけや兆候、旦那の浮気率は?

さらに、夜遅く帰っても相手にバレませんし、もし浮気相手とホテルに泊まったとしても単身赴任の間はバレにくいため、どんどん進展してしまうようです。


浮気調査を利用する人は多い

多くの方が友人などに「探偵事務所を利用した」とは言わないこともあり、普段の生活で探偵という言葉は聞き慣れないとは思いますが、実際は浮気調査を利用される人は多いのが実態です。

プロの調査員に任せることで確実な証拠が手に入り、新しい一歩を踏み出すことが可能になります。

実際に浮気調査を利用されたことのある人は、浮気されていたという事実にはショックを受けながらも、証拠が見つかることで慰謝料請求や裁判、調停などで有利に離婚を進めることができますので、結果的に依頼して良かったと思われる方が多いようです。

  • 浮気調査のおかげで一番良いかたちで離婚できた
  • 財産分与も多めにもらうことができた
  • 弁護士も紹介してもらって夫と話し合うことができた
  • 証拠があるおかげで、すぐに浮気を認めてくれた
  • 浮気相手にも慰謝料を請求できた

以上のように、浮気調査の目的は様々ですが、確かな証拠があることで離婚や慰謝料の請求などで有利に話を進めることができるようになります。

不貞行為には時効があるので要注意

夫や妻が不貞行為を行った場合は慰謝料を請求することができますが、何もしないで時効になってしまうと慰謝料の請求もできなくなるので気をつけましょう。

民法第724条によると損害賠償の請求は以下のように規定されています。

不法行為による損害賠償請求権は、被害者又は、その法定代理人が侵害及び加害者を知った時から3年間行使しなかったときは、時効によって消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも、同様とする。

この条文によると、「相手の浮気を知ってから3年以内に慰謝料を請求しなかった場合」、または「浮気の事実から20年を経過した場合」には慰謝料の請求ができなくなります。

そのため、相手の浮気を知った場合や怪しいと感じている場合には、後悔しないためにも早めに浮気調査を行って不貞行為に対する慰謝料の請求をした方が安心です。

ずっと一人で悩まないために

インターネットやタウンページなどで探偵事務所を探してみると、かなりの数があることが分かり、どこに頼めばよいか悩まれてしまうと思います。

人生を左右する大きな分岐点となるものですから、本当に信頼できて安心して任せられる会社を選ぶ必要があります。

その事務所の調査体制や機材の充実度、そして調査員の人柄と技術、経験がとても重要となります。

また、警視庁のサイトには探偵社、興信所等の調査業に関する指針について分かりやすくまとめられたページもありますので、もしよろしければ参考にされるとよいかと思います。

» 探偵業について【警視庁】

実際に依頼前に相談してみて、話しやすいかどうか、質問に対して誠実に丁寧に答えてくれるかどうかも確認した方がよいでしょう。

なかには、自分の子どものDNA鑑定をして相手の浮気を知ってしまう夫婦もいらっしゃいますが、そんなことにならないためにも早めに真実を知るようにしましょう。

経験豊富で信頼できる探偵事務所を選びましょう

調査を依頼する際は、信頼できる探偵かどうかを見極めてから契約するようにしましょう。

もし、質問に対して面倒くさそうに答える人や、すぐに契約を迫ってくるところ、そして不誠実な雰囲気や怪しい雰囲気があるところであれば、その後のトラブルを防ぐためにもその事務所には依頼しない方がよいでしょう。

なお、調査を依頼するといっても全国にはたくさんの事務所があるため、どこに依頼すれば良いか悩まれてしまうかと思います。

いろいろな質問に対してきちんと丁寧に答えてくれたり、真面目に誠実な対応をしてくれる調査員のいる事務所を選ぶようにしましょう。

また、実際に浮気調査を依頼したら確実な証拠を押さえる必要がありますので、これまでの経験や実績が豊富で、調査員の数も多く、専用の機材や設備がしっかり整っている事務所がおすすめです。

逆に、ネット上での口コミの悪い業者は敬遠した方が安心といえます。

評判の探偵事務所の選び方

旦那さんや奥さんが浮気をしている可能性が高い場合、探偵事務所に「浮気調査」を依頼することで、より確実な証拠を手に入れることができます。

特に、離婚や慰謝料の請求を考えれられている場合は、裁判でも通用する確実な証拠が必要になりますので、探偵事務所に「浮気調査」を依頼されることをオススメします。

ただ、ほとんどの人にとって探偵事務所を利用するのは初めての経験になると思いますので、評判の探偵事務所の見分け方についてご案内したいと思います。

全国の探偵事務所の実態

警察庁が発表したデータによると、平成28年末の探偵業者の届出業者数は5,691件になります。

つまり現在は、届出がされているだけで全国におよそ6,000の探偵業者がいるということになります。

この数には、株式会社として法人化している業者もいれば、個人で営業しているものも含まれています。

そのため、探偵事務所といっても規模や人員、調査能力は会社ごとに大きく異なります。

ちなみに、探偵業者の新規届出は毎年およそ600件ほどありますが、それとほぼ同数の業者が廃止・返納届を出しているのが現状です。

探偵事務所は、通常ほとんどの方にとって馴染みがないために「探偵って何だか怪しい。」と思われている人も多いのではないでしょうか。

確かに昔は法律も整っていなかったため怪しい探偵がいたことも事実ですし、いまでも怪しい会社と契約して料金トラブルが起きているケースもあります。

ただ一方で、法律を順守し誠実に対応してくれる経験豊富な探偵事務所も多くあります。

探偵事務所って怪しくないの?

探偵になるためには特に国家資格は必要ありません。

そのため、以前は探偵になろうと思えば誰でもなることが可能でした。

ただ現在では、2007年に「探偵業の業務の適正化に関する法律」、いわゆる探偵業法という法律が施行され、その後は暴力団員などが探偵として営業することは禁止されています。

また、この法律によって、依頼主から依頼があった場合には、きちんと契約内容が記された書面を交付して契約を結ぶことも決められています。

そして、探偵として営業するためには、都道府県の公安委員会へ届け出をすることも必須になりました。

このように「探偵業の業務の適正化に関する法律」が施行されたことにより、探偵の業界の法整備も進んでいます。

また、もし探偵業者に依頼して探偵との契約でトラブルが起きた場合には、消費生活センターに相談するという手段もあります。

信頼できるかどうかを見分けるポイント

現在は、探偵業を営むためには公安委員会への届け出が必須となり、契約の際には書面で契約内容をはっきりさせることも法律で決められています。

それでも、探偵事務所によっては契約後になって追加料金を迫ってきたり、依頼してもシッカリした調査活動を行ってくれない業者も存在します。

せっかくお金を払って依頼しても、悪質な業者と契約してしまうとお金を損するだけでなく、新たなトラブルが発生する恐れもあります。

その一方で、しっかりした経営体制で調査スタッフも多く、最新機材を使用してしっかりした調査活動を行ってくれる信頼できる探偵事務所も数多く存在します。

浮気調査は、依頼主にとって人生で大きなターニングポイントとなる場面ですので、本当に信頼できる探偵事務所に依頼することが大切です。

そこで、口コミだけでなく実際に信頼できる探偵事務所の見分け方についてご案内します。

信頼できる探偵事務所・興信所の見分け方のポイントには以下のようなものがあります。

  1. ホームページはあるか?
  2. 公安委員会に届出をしているか?
  3. 事務所の所在地が分かるようにしてあるか?
  4. 事務所での相談や打ち合わせは可能か?
  5. 違法行為を行っていないか?
  6. 調査費用は安すぎないか?

各項目の詳細は以下のとおりです。

① ホームページはあるか?

ホームページがあるからといって絶対に安心だという訳ではありませんが、ホームページを持っていない場合は気を付けた方が良いかもしれません。

ホームページの制作費用を捻出できない業者の可能性もありますし、あまり目立ちたくないと考えている可能性もあります。

そのような探偵事務所では、実際に依頼した時に何かのトラブルが発生する恐れがあります。

また、ホームページがあれば、「公安委員会への届出番号」や「事務所の所在地」、「電話番号」などが掲載されているはずです。

逆にもし、そういった情報がホームページに掲載されていない場合には要注意です。

探偵事務所を探す場合は、ホームページを持っており、「公安委員会への届出番号」や「事務所の所在地」、「電話番号」などがホームページに掲載されている業者を選ぶようにしましょう。

② 公安委員会に届出をしているか?

2007年以降、探偵事務所が探偵業を営む場合には公安委員会への届出が必須となっています。

公安委員会に届出をしていない業者は法律で認められた探偵事務所ではないため要注意です。

業者が公安委員会に届出をしているかどうかを知りたい場合は、ホームページなどで届出番号を確認したり、実際に聞いてみると良いでしょう。

③ 事務所の所在地が分かるようにしてあるか?

事務所の所在地がホームページなどに明記されていない業者は要注意です。

実際に事務所を設けていない可能性もありますし、明かしたくない理由があるのかもしれません。

いずれにせよ、実際に調査を依頼する場合には事務所の所在地を明確にしている探偵事務所に依頼した方が安心です。

④ 事務所での相談や打ち合わせは可能か?

探偵事務所に浮気調査を依頼する場合、すぐに契約をしないようにしましょう。

まずは相談というかたちで不安な点を相談したり、料金をしっかり確認しましょう。

ただ、この相談の際に事務所に行くことを探偵業者が嫌がる場合は要注意です。

その場合は、実際には一人しかいない状態で運営していたり、他のスタッフがいないためにかなり狭い事務所しか用意していない場合もあります。

実際に浮気調査を依頼した場合には、一人しかいない事務所だと尾行や調査の面で人員が足らないため、十分な調査をしてもらえない恐れもあります。

また、探偵事務所で相談をすることで、その業者の雰囲気も感じ取れますので、可能であれば探偵事務所で相談をされるとよいでしょう。

⑤ 違法行為を行っていないか?

探偵に浮気調査を依頼したとしても、探偵は何をしても良いわけではありません。

例えば、ホテルの出口が見える場所で待機して浮気相手との現場を撮影するのなら問題ありませんが、浮気相手の家の庭に忍び込んで撮影した場合には不法侵入となり「住居侵入罪」で訴えられてしまいます。

また、盗聴器をしかける場合も夫婦の共有の持ち物である車に設置する場合は違法とはいえませんが、浮気相手の家にしかけると不法侵入となります。

さらに、こういった行為が犯罪となるだけでなく、このようにして手に入れた証拠は裁判では無効となりますので、何も得はありません。

そして、依頼主自身もトラブルに巻き込まれてしまう恐れもあります。

もし、探偵と調査方法について話をしていくなかで、不法行為で証拠集めをしようとしていることが分かった場合は、その探偵事務所に依頼しないようにしましょう。

合法的な調査をしている探偵事務所に依頼するようにしましょう。

⑥ 調査費用は安すぎないか?

浮気調査は調査員が長時間にわたって尾行したり、念入りな調査を行うため、その料金はそんなに安いものではありません。

浮気調査の費用の相場としては、調査員の数や期間によって大きく変わりますが、数十万円~が相場となります。

もし、料金を尋ねてみて調査費用が異常に安すぎる場合は要注意です。

調査費用が異常に安い場合は、例えば盗聴器やGPSをしかけるだけの簡易な調査になる可能性もありますし、後になっていろいろと追加費用を請求される可能性もあります。

また、そもそも本気で調査するつもりがない場合もあります。

浮気調査では数日にわたって入念な尾行や調査が必要とされますので、どうしても費用は高くなってしまいます。

調査費用の安さだけにつられて契約を結んでしまうと、結果的に何も証拠が見つからなかったり損をする可能性がありますので気をつけましょう。

なお、浮気調査の費用は後払いやクレジットカード払いが可能な探偵事務所もありますし、実際に浮気の証拠を手に入れて慰謝料を請求できた場合には、その調査費用よりも多くのお金を支払ってもらうことが可能になります。

そのため、安いからといって値段だけで探偵事務所を選ばないようにすることが大切です。

人生の再スタートを図る気持ちで

夫や妻の不倫で悩んでいる方も多いと思いますが、直接相手に聞くこともできず、ずっとモヤモヤしたり不安な毎日を送られている人も多いと思います。

また、だからといって直接相手に「もしかして不倫してる?」と聞いても、素直に浮気を認める人はいませんし、逆にパートナーの警戒心を高めてしまうため逆効果となります。

浮気している旦那さんや奥さんが、配偶者から不倫を疑われている事を知って、それで目が覚めてくれると一番良いのですが、多くの人はもっとバレないようにと慎重になりますし、不倫相手と相談して対策を練られる場合もあります。

そのためにも、不倫が怪しいと感じた段階で配偶者に勘付かれる前に、浮気調査の口コミを参考にしたりして探偵事務所を選び、無料相談を利用されることをおすすめします。


OLライター ブル子

浮気の証拠を掴むなら探偵事務所の浮気調査がオススメです。

浮気で悩んでいる時は、探偵事務所に依頼するのが一番の近道です。

以下の探偵事務所なら浮気調査の実績も豊富で無料相談も実施していますので、初めて浮気調査を利用される方にオススメです。

無料相談ができるオススメの探偵事務所

原一探偵事務所【無料相談OK

【おすすめの理由】

  • テレビ番組などへの取材協力も多数
  • 匿名・非通知での相談が可能
  • 相談やカウンセリングは無料
  • 解決実績10万件以上の豊富な実績
  • 見積金額以上の請求は一切なし

HAL探偵社【無料相談OK

【おすすめの理由】

  • 初期費用0円の後払い制&成功報酬
  • 匿名でお問い合わせ・相談が可能
  • 弁護士事務所との協力関係
  • 全国無料出張・即日対応可能
HOME > 浮気・不倫 > 浮気調査でおすすめの探偵は?口コミで評判の探偵事務所の選び方や調査期間